【レビュー:注意点記載】Dragon Touch I10X 2in1タブレットPCの実力はいかに!?答えは「セカンドマシンとして合格!」です

アンドロイドタブレットで大人気のドラゴンタッチですが、
2in1タブレットPC(Win10)の実力もなかなかのものです。
詳細に解説していきます。

目次

1.Dragon Touch I10X 2in1タブレットPCのスペック

2.初期設定について

3.実際に操作してみて好印象に感じた点

4.逆に気になった点

5.まとめ

6.Dragon Touchシリーズの紹介

1.Dragon Touch I10X 2in1タブレットPCのスペック

ベンチマーク

———————————————————————–
CrystalDiskMark 5.2.1 (C) 2007-2017 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
———————————————————————–
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1000 bytes, KiB = 1024 bytes

Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 114.131 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 56.238 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 12.477 MB/s [ 3046.1 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 2.045 MB/s [ 499.3 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 50.545 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 89.955 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 10.621 MB/s [ 2593.0 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 2.106 MB/s [ 514.2 IOPS]

Test : 1024 MiB [C: 26.8% (15.3/57.0 GiB)] (x5) [Interval=5 sec]
Date : 2017/08/16 15:16:11
OS : Windows 10 [10.0 Build 14393] (x86)

この程度のスピードが出ていれば、セカンドマシンとして十分な速度に感じます。

メインスペック

CPU Intel Atom Z3735F Quad Core 1.33GHz(CPUマーク約900)
容量 64GB(初期設定、アップデート完了後の空き容量35.1GB)
RAM 2GB
解像度 1280×800
液晶 IPS 10.1インチ

重さ

920g(ケース・キーボード含む)
575g(タブレットのみ)
345g(ケース&キーボード:くっついていて離れない)

寸法

264*182*22mm(ケース装着時:厚みは最厚部計測)
258*172*10mm(タブレットのみ)

インターフェース

USB2.0 
マイクロUSB
ミニHDMI 
マイクロSDスロット
電源 
ヘッドホン端子
キーボード用端子   各1個ずつ

付属品

本体
キーボード&ケース(離れない)
ACアダプター付き充電ケーブル
マイクロUSBーUSBメス変換ケーブル(長さ12cm)
ユーザーマニュアル(多言語のもので、日本語のページは7ページ)
液晶保護フィルム(貼り付けてあります)

2.初期設定について

電源ボタンの長押し(約5秒)からスタートです。
(ACアダプターを接続してのスタートしましょう、そこそこ時間かかります)

少しハードルがあります。
英語表記で始まります。
最初の言語選択で日本語を選んでもずっと英語でした。
(みなさんそうなるのか、私だけのことなのかは不明)

日本語キーボードが付属していますが
US配列で認識しているので、アカウントの登録時「@」は
Shifi+2 です。

ウィンドウズが立ち上がって、私はまずアップデートをしました。
これに2時間ほどかかりました。
(当然全て英語です)

アップデート後、設定から言語を日本語にするのに
ランゲージパックのダウンロード&インストールが必要でした。
これが15~20分ほどかかりました。
(インストール後、アップデートが1回入ってから、正しい日本語表記になりました)

ここまでくると、使い慣れた Win PC です。

3.実際に操作してみて好印象に感じた点

動作

CPUマークが900程度なので、
昔のATOMに比べると進化しているとはいうものの、
過度な期待はできず、やはりセカンドPCという位置づけだと思います。

外出先でのテキスト入力や、軽いパワポのプレゼン程度なら
全く問題無いと思います。

IPS液晶

かなり綺麗です。
想像していたよりも綺麗だったので、喜びひとしおという感じです。

アプリ

ワードモバイル エクセルモバイル パワーポイントモバイル
この3つが入っていることが嬉しいポイントでした。
機能制限はあるものの、とりあえずは助かります。

バッテリー

100%の充電状態で、残り時間としては4時間半程度が表示されます。
実験で動画を流し続けたところ、ちょうど4時間半ほどで切れました。
まずまずの持ちだと思います。

キーボード

日本語キーボードなので、初期設定がきちんと完了すれば使い慣れたものです。
本体との接点はマグネット式で、
電極があってUSB接続式のキーボードになっています。
個人的にはブルートゥース接続よりも安定していて好感が持てます。

4.逆に気になった点

キーボード

端が浮いていて、手を置くだけでしなります。
入力中も微妙にたわみます。
気持ちの問題だけで機能的な問題は無いと思います。

画面の角度

カバーが変形してマグネットでくっついてスタンドになるのですが、
角度が立ち過ぎていて、通常の椅子とデスクの高さからすると
少し画面を覗きこむようなスタイルになってしまいます。

5.まとめ

有名メーカーの同等品だと、最低でも4万前後することを考えると
充分に魅力的なものに感じます。

問題は・・・
英語の初期設定と、「気になった点」で記載したところと、
返品する際の注意点 ↓ ↓ ↓ だけに感じます。

Amazonで返品する際の注意点をまとめました
返品・交換・返金がトラブル場合 トラブルが起こる場合のほとんどがAmazonマーケットプレイスでの購入品のようです。 ...

製品販売ページはこちら ↓ ↓ ↓

RAMが4Gの上位機種 Dragon Touch i120X

6.Dragon Touchシリーズの紹介

アンドロイドタブレット

Windowsタブレット

その他の2in1タブレットPC

※価格は少々上がりますが、圧倒的なサポートが魅力!

マウスコンピューター

Huawei

Lenovo

ASUS

Chuwi

KEIAN WiZ

最新情報 「ドラゴンタッチ」 の検索結果

※検索窓から自由に調べることができますよ

お得情報

楽天トラベル

Amazonタイムセール情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 水戸 より:

    はじめまして!

    最近のパソコン事情にはあまりついていけてない、素人です。
    こちらの商品を購入予定です。
    仕事で使おうと思うのですが、USBが付いていないと仕事にならず、ちゃんと付いているか不安で検索したところこちらのブログにたどり着き拝見いたしました。

    見る限り標準のUSBがついているように見えますが、
    大きさといいますか…通常の大きさのUSBのサイズだと思って大丈夫ですか?
    マイクロUSBしかついていませんか?

    質問自体ちゃんとできているか、不安ですがもし可能であればお返事いただけると助かります(╥_╥)